喜びを力に  Life is**

人生を楽しむ秘訣は〖普通〗 に こだわらない事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

猛暑・戦争 

『うわっ 何これ。すごくね?』

『わっ これ超キモイ』

『つーか スゲー人 多くね? 暑いんだけど~・・てか ここ どーでも いいしぃ』

『なに このボロ着。ウケルw』




8月7日 私の姉が岩国に遊びに来たので
子供達に社会見学にと・・
猛暑の中 広島の平和記念公園へ行き 平和記念資料館と原爆死没者追悼平和祈念館へ行ってきた





なにかの団体様であろうか?
中高生くらいの若者が 多勢おり その1部の子達が 原爆の展示を見ながら・・写メ撮りながら
上記の会話をしてた。


ありえないマナーの悪さ。
その団体の責任者だろうか??先生みたいな方が 『コラッ ふざけるな オマエラ』なんて注意してたが。


最近の若者らは やっぱ戦争の話には ジジババの昔話なのだろうか。。。
子供らが私達くらいの歳になったら もぅ戦争なんて TVの中のお話なんだろうか・・・


■*□□*■*□□*■*□□*■*□□*■*□□*■*□□
雲ひとつない晴天。猛暑。 うるさいくらい鳴くセミの声。
空襲警報は止み・朝慌ただしく支度し 久しぶりの会社・学校へ向かおうとしてた多くの広島市民
空を見上げるとB29が飛んでた。
8月6日 8時15分 たった1発の核が 広島に投下。
■*□□*■*□□*■*□□*■*□□*■*□□*■*□□


その65年後の8月7日 原爆が落ちた翌日。平和記念公園へ来た

子供らに 『靴脱いで その辺歩いてごらん』 『ウワッ!熱いよ!アッツイ!』

『熱いよね~ 65年前。あなた達くらいの子らが 必死になって裸足でガレキの中 火の海から
逃げて家族を探し守り 生き抜いてきたんだよー熱いなんて言ってらんないよね。』



『冬だったら余裕なのになぁ』
『そね~でも 今の格好(半袖・短パン)のまま 寒い冬を迎え・・戦争で住む場所もなくなって
食べ物もなくなって凍えながら飢え死してしまった人も多くいるのよ』





戦争が終った 1945年の9月17日
日本の観測史上2位に相当する非常に強い台風。枕崎台風が広島を襲い
原爆で多くの犠牲者を出した直後に追い討ちをかけるように大惨事となった。
皮肉にも台風の強い風雨でたくさんの遺体が海へ流され・・・一緒に放射能も洗い流され
放射線被害を減らしたともいわれています。

戦後・・広島のカニは大きい。って言われてたんだって
台風で川からたくさん海に流れた遺体の栄養分が影響したということです。なんか複雑



その年の秋
75年間は 草木が生えない。と言われた広島に緑がが生えました。
市民に復興への希望と光を与えてくれ 翌年の秋 広島は緑に包まれてたそうです。



本当に75年間。緑が 生えない町だとしら
今日と言う日も 広島には 緑は無く。
今でも 危険地域なんて 張り紙してあって 近づく事すらできなかったかもしれない。

2010 広島平和記念公園


戦争が終って65年が経ちました。
平和ボケなこの世の中 私達のご先祖さまが作り出してくれた平和
いつまで続きますように

trackback: -- | comment: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。