喜びを力に  Life is**

人生を楽しむ秘訣は〖普通〗 に こだわらない事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

虹の橋へ 旅立ち 

愛犬 小梅が 9月13日の夕方 亡くなりました
小梅8歳

小梅は8歳で 人間で言ったら50歳くらい

とても人懐こくってビビリさん
散歩に行くと 車の音や 子供達のキャーキャー声に驚き すぐ家に帰りたがる。
だから 誰もいない海に行ったり 夜の公園行ったり
いつもは庭で 元気よく走り回り 疲れると家の中で フガーフガー いびきかいて寝る。
子供達がTV見ながら横になってると当たり前のように添い寝してくる毎日


そんな小梅が腎臓患い 治療するも効果なく看取りに入り
病気がわかってから他界するまでは20日間 と短い間でした。

息子と私で 小梅の最期を看取った。
そして娘に連絡するとすぐに帰ってきて親子3人で小梅をキレイにして安置した

亡くなった2日後 火葬した。
本当に死んじゃったんだな。。と実感。 本当にごめんなさい 病気から救えなかった。
火葬中 声を出して泣いた。


看取りした時の小梅の最期の最期に何か訴えてたような言いたそうにしてた顔が
今でも頭から離れないし 思い出す度につらくて 悲しい。


火葬の帰り・・小さくなった小梅の遺骨を子供達が抱きしめ
安全運転する自信もなく ゆっくり ゆっくり車 走らせ山の中を通ると


結婚18年・・人生40数年で 初めて。
野生のイノシシと遭遇。
Σ(゚□゚(゚□゚*)!!!

悲しみから 一気に目が覚めた。
小梅からの サプライズに 親子3人一瞬 固まり・・大笑いした。
そのイノシシは 私達をみることなく・・・森の中へw

ありがとう小梅
無事 家についたよ。ただいま 最期までありがとう。
小梅もちゃんと虹の橋についたかな?
虹の橋
スポンサーサイト
-- 続きを読む --
trackback: -- | comment: 8 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。